今朝、名古屋も雪が舞っていました。

風邪予防、乾燥予防に加湿器を使用されている方多いと思います。

「加湿器には、ミネラルウォーターの方が体によさそう」

「水道水じゃないとダメなの?」

と思ってしまいますね。

加湿器を安全に利用するための水や、ミネラルウォーターを利用してはいけない理由、

お伝えしたいと思います。

◆水道水

1. 安全性が高い

2. ミネラルウォーターよりも安価殺菌

3. 消毒のために塩素が添加されている

  水道水の特徴は、安全性と手軽さです。

  その安全基準は世界トップレベルと言われています。

1. カビ、雑菌の繁殖に繋がる

  ミネラルウォーターには塩素が含まれていないことが、加湿器に使用しない理由として大きい。 

  ミネラルウォーターは殺菌効果よりも飲み心地を重視したもの。

  殺菌効果が得られないのは、加湿器内の水が雑菌などによって汚れやすくなる原因になるので、

  ミネラルウォーターは加湿器には向かない。

2. フィルターが劣化する原因になる

   雑菌が繁殖しやすいミネラルウォーターは、加湿器のフィルターにも悪影響を与えることがあるので注意。

   このフィルターが汚れてしまうと、水はその汚れを通って部屋中に広がるので、空気が汚れる原因にもなってしまう。

3. 加湿器や家具などを白く汚すことがある

  湿器から放出された水蒸気に含まれるミネラル成分は、結晶化することによって家具などに付着し、

  白い汚れがついてしまう事がある。

  特にミネラル分を多く含む硬水であればあるほど、故障や家具に汚れが付くといったケースが多いので注意が必要。

定期的な加湿器のお手入れをお忘れなく(^-^)